味噌作り

IMG_0204.JPG
味噌を手作りしました。

写真は、大豆を湯がいているところと、米麹と麦麹の合わせた物です。

歌幸の調理場には、ほんだしや味の素などはありません。

それで、味噌も保存料なしの手作りに変えようと仕込みました。

歌幸のお客様は50歳過ぎの方が多いのですが、久しぶりにこんなに食べることができたと仰います。美味しかったと。

これは、根拠のない推測ですが、その年代の方々は、添加物なしの食事を長年されてきて身体が自然の物を記憶しているのではないでしょうか。

水や、お米のレベルか高いので、それらに他も合わせていきます。

和食が、無形文化遺産に登録されたということは、和食が消えてしまう可能性があるということかもしれません。

そんなはずはないと思われるかもしれませんが、凶悪事件の低年齢化の原因が日々の食生活と関係があるように書かれた記事を読みました。

犯罪を犯す2~3ヶ月前からどんな食生活をしていたか、調べてほしいとも書かれていました。

味噌を仕込んでいて、大豆の食味も良く、香りも良く、完成が楽しみです。

どうか、日々の食事を丁寧に、楽しんでください。

前の記事

連休です

次の記事

しもやけ